妻の浮気

まさか妻が浮気している!?

〝家族のために頑張って働き、信頼し合い、支え合って生きている″

そう信じてきたのに、妻が浮気している?
まさか自分の妻に限ってそんなことはしないはず、何かの間違いだ・・・。

そのまさかが、実のところ意外と多いのです。

女性の浮気理由として挙げられるのが、

○寂しかった:夫の単身赴任・ワンオペ育児状態・夫との関係が希薄
○刺激がない:日常生活がパターン化してしまい、マンネリ化している
○夫への仕返し:浮気された経験から、自分の浮気に罪悪感を持っていない
○夫との不平等感:夫の仕事上の接待という名のもとの娯楽時間への不満
○いつまでも女でいたい:男性から女性として見られたい気持ちが強い
○女性の社会進出:職場や習い事など、男性との接点が増えたため
○セックスレス:夫が求めてこない・拒否された・夫としたくない 

浮気相手としては男性同様、職場関係の上司、習い事の先生、子どものお稽古の先生、元カレ・同級生などが多いとされています。 最近では、SNSを使って出会い、浮気目的でマッチングアプリを利用する女性も増えてきている印象です。

女性の方が浮気心から本気に変わりやすい

理由として、男性は本能的かつ身体構造上、能動的に性行為が完結するのに対し、女性は身体構造上、受動的に 〝受け入れる″側になります。
昔から『体を許す』という言葉があるように、女性にとって性行為は男性の身体を自身に受け入れることを『許す=認める』行為なのです。
避妊具やピルも数多く揃い、時代とともに貞操観念も変化した現代において、そこまで深く考える女性は少ないかもしれないですが、 女性にとってセックスとは〝命を宿し、出産する宿命″を負う可能性のある神聖な行為であることにはいつの時代も変わりないのです。

子を宿す可能性からも、本来は父親になる男性と結ぶべき行為でもあるのです。 この特有の感覚から、女性は体を許した男性に本能的に心のつながりを求め、恋愛感情を持ちやすくなるのです。 最悪の場合、駆け落ち同然で家庭を捨ててしまいさえするのです。

そういったことにならない為に、男性側も『妻に限ってそんなはずはない』とか『妻を誰も相手にしないだろう』と、安心しきっていてはいけません。 あまり、認知されていないのですが、女性にもホルモン周期により性欲が増すタイミングがありますし、快楽を求めるものなのです。

一般的に、男性よりも女性の浮気の方が発覚しにくい傾向がありますが、以下のような言動が見られたら、注意が必要です。

・スマホを家でも常に手放さなくなった(ロックをかけ始めた)
・メイク、服装、趣味が急変し、時間とお金をかけ始めた
・残業や食事会、飲み会が増え、帰宅時間が遅くなることが増えた
・疎遠な妻の友達の名前が出てくるようになった
・会話も減り、態度も冷たくなり、セックスを拒むことが増えた
・夜間に不要不急の外出やちょっとした用事が増えた
・家事や料理に手を抜き始めた
・夫の予定や行動を把握したがることが増えた

妻の浮気は扱いが厄介!

女性の浮気は、気持ちが入っている場合もあるので、扱いが少々厄介です。 無理に問い詰め、激昂するのは逆効果になる事もあります。 そして、お子様がいる場合は、簡単に追い出したりも出来ません。

まずは、事実関係と向き合い、冷静に話し合う必要がります。 かといって、そんな非常事態に冷静でいられる方は多くありません。 そんな時は、私たちにご相談ください。 状況に見合ったアドバイスと解決のお手伝いをさせていただきます。