浮気に伴う慰謝料請求問題

浮気の慰謝料請求に関する豆知識

浮気に伴う慰謝料とは、パートナーの不貞行為(不倫・浮気)によって被る精神的苦痛に対して支払われる金銭のことです。
浮気に伴う慰謝料には、下記の2種類があります。
・不貞行為に対する慰謝料
・(不貞行為が原因での)離婚そのものに対する慰謝料
浮気が発覚する以前に婚姻関係が破綻している場合(離婚目的の別居など)では慰謝料請求は行えません。同居している間に浮気していた証拠があれば、その後、家を出て行くなどの行為があっても問題なく慰謝料請求を行うことが可能です。

不貞行為に対する慰謝料

不貞行為は配偶者とその相手方(浮気相手に配偶者がいることを知りながら肉体関係を持ったということが明確である)に共同不法行為が成立しますので、 両者は連帯して損害を賠償する義務を負います。 よって配偶者のみならず、相手方にも慰謝料を請求することができます。

慰謝料を請求するには確固たる証拠が必要です。浮気をしている二人の関係性が分かる写真・ホテルに入る所の写真・肉体関係が分かるライン等のやり取り、それを裏付ける領収書、自白書面、調査会社の資料などの配偶者と相手方が不貞行為に及んだという証拠が必要になります。

また、相手方の身元も調べなくてはいけません。 証拠を手に入れるということは、浮気の現実を深く知るということですので、とても辛くしんどい作業になります。 浮気が原因の場合の慰謝料請求権は不貞行為の事実を知ってから3年を時効として、慰謝料請求権が消滅してしまうので注意が必要です。

慰謝料請求の仕方は、
・直接交渉
・内容証明郵便による請求
・裁判による請求
で行います。

離婚そのものに対する慰謝料

配偶者の不貞行為があり、そのことが原因で不仲になった夫婦の離婚の場合、離婚そのものに対して慰謝料請求が出来ます。
この際の慰謝料請求の時効は、浮気を知ってから3年ではなく離婚してから3年以内です。
この慰謝料は配偶者のみに請求できるものです。

慰謝料請求に対して夫婦問題カウンセラーができること

夫婦問題カウンセラーは、浮気をされたつらい胸の内をお聞きし、気持ちの整理や心のケア、方向性の見通しが出来るよう、丁寧にサポートいたします。

離婚しない場合、離婚に向かう場合とありますが
特に離婚しない場合では、慰謝料請求によって夫婦関係が悪化しないように配慮しなければならず、そのためのサポートもさせて頂きます。
慰謝料を相手方に請求することで、浮気で傷ついた夫婦関係に精神的な決着をつけられる場合もあり、浮気問題を終わらせる為に必要になる事もあります。

お一人で抱え込まず、ぜひ相談にいらしてください。 ご相談者様のお力になりたいと思います。ご希望があれば、信頼のおける調査会社をご紹介することも出来ます。

慰謝料の金額は、精神的苦痛の度合いや支払い能力によるところが大きいため、ケースバイケースで基準額というものはありません。 慰謝料金額や請求に関する不安がある場合は、法律の専門家である弁護士の相談を仰ぐのが良いと思います。
時効の延長とか過去の浮気に対する慰謝料請求とかも気になったら弁護士に相談してください。だた、どのような場合も『きっと、浮気しているはず。』というような思いだけでは駄目です。しっかりとした証拠が必要になります。